切らないでサイズダウン|脂肪吸引なら注射が簡単【美ボディづくりに効果的】

脂肪吸引なら注射が簡単【美ボディづくりに効果的】

切らないでサイズダウン

女の人

メソセラピーとは

脂肪吸引なら、セルフダイエットでは難しいお腹だけ、二の腕だけ、太ももだけなどの部分痩せができます。しかもダイエットのようにリバウンドするリスクがなく、なくなった脂肪の分は半永久的に痩せたままです。脂肪吸引というと、昔から行われているのがカニューレという細い吸引管を脂肪層に挿入して行う美容整形手術です。この手術の場合は脂肪細胞をダイレクトに吸引して取り除くので、大幅なサイズダウンが可能です。ただし、脂肪吸引手術は全身麻酔を伴う大がかりな外科手術になります。そのため執刀をする医師の腕やセンスによって、かなり結果が違ってきます。また、全身麻酔で一時的に仮死状態にするので体にかかる負担が大きく、手術後のダウンタイムも長いのがデメリットです。最近ではベイザーリポやボディージェットなど、精度が高い脂肪吸引手術も開発されています。また、麻酔の技術も昔とは比べものにならないくらい向上しています。最新タイプほど体にかかる負担やダウンタイムは少ないですが、外科手術に変わりは無いので、多少なりとも腫れや痛み等を伴います。「どうしても体にメスを入れたくない」「手術痕が残るのはイヤ」という人には、メソセラピー(脂肪溶解注射)があります。メソセラピーはメスで切開しない「切らない脂肪吸引」です。フランスで生まれ、世界各国で採用されていて、美容整形先進国では脂肪吸引手術よりも普及しています。メソセラピーは、脂肪を分解する作用がある大豆レシチンから抽出した薬剤を、脂肪がついている部分に注射をするだけです。そうすると、数日かけて無駄についた脂肪細胞が分解されて、尿や汗と一緒に体外に排出され、排出された分だけサイズダウンするという仕組みです。脂肪細胞そのものがなくなる点は、脂肪吸引手術と一緒です。何回か注射をすれば、しだいにボディーラインが引き締まり、多少食べてもリバウンドしない体質になります。脂肪吸引の場合は脂肪がなくなってサイズダウンしても、皮膚が余ってたるんでしまうことがあります。しかし、メソセラピーならゆっくりと自然に痩せていくので、皮膚が余ることがなく、見た目がナチュラルです。注射だけなので、目の下やフェイスラインなど、きめ細かい部分のサイズダウンもできます。メソセラピーは注射を打つだけの脂肪吸引です。メスで切開&縫合をするような傷跡は残らず、カウンセリング当日に日帰りでできます。強い腫れなどがない限り、メソセラピーをした当日からシャワーや洗顔が可能です。ダウンタイムがなく、すぐに日常生活に復帰できるのがメソセラピーの大きなメリットです。脂肪吸引手術と違うところは、サイズダウン効果が出るまで少し時間がかかることです。例えば大幅に脂肪を落としたい場合は、1回の注射ではあまり効果がないので、何回か定期的に繰り返してメソセラピーをする必要があります。最低でも3回、多くて10回以上メソセラピーを繰り返すのが一般的です。ただし短期間で何回も注射をすると、体に負担がかかりますので安全のために、3週間以上はインターバルを空けて注射をすることが大切です。

TOP